新春ごあいさつ

年頭ご挨拶

株式会社ワークネット
代表取締役社長 南雲 弘行

古谷理事長 新年明けましておめでとうございます。

 

  昨年は、旧労働四団体が結集した日本最大のナショナルセンター『連合』が誕生して20年の節目の年でしたが、なんといっても中央労福協の結成60年目にあたる記念すべき8月30日に、悲願の政権交代が実現し、『コンクリートより人間を大事にする政治』がスタートした忘れられない年でした。 新政権には、着実に一歩一歩、前進してもらいたいと思います。

 完全失業率、有効求人倍率、新卒者の就職内定率など、どれをとってみても大変厳しい雇用状況となっています。 労福協や行政が行う『ワンストップサービス』など、様々な施策が実施されていますが、雇用安定に結びつくのは、まだ一部の状況で、今後一層の対応が求められています。

 当社は、職業紹介、人材派遣のほか、連合と連携して無料の『再就職支援セミナー』や『個別就職相談』なども行っています。このセミナーや相談には、現下の厳しい雇用状況を反映して、大変多くの方の参加があり、その参加者からは、『セミナーに参加して前向きな気持ちになれた。』『再就職の厳しい状況が認識でき、また、それに立ち向かうヒントをもらった気がする。』など好評をいただいております。

 本年も当社に対するご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

笹森 清
 (中央労福協会長)
古賀 伸明
 (連合会長)
岡田 康彦
 (労金協会理事長)
石川 太茂津
 (全労済理事長)
山下 俊史
 (日本生協連会長)
後藤 潔
 (全住連理事長)
高橋 康夫
 (全国会館協会長)
齊藤 正己
 (全勤旅連合会会長)
藪内 義弘
 (全国労信連会長)
角田 修作
 (日本再共済連理事長)
永戸 祐三
 (労協連理事長)
南雲 弘行
 (ワークネット社長)