新春ごあいさつ

新年のごあいさつ

日本再共済生活協同組合連合会
理事長

 

小野寺理事長 新年明けましておめでとうございます。

 

 2009年を振り返りますと、100年に1度といわれる経済危機の中にあって、一昨年末から正月にかけての日比谷公園での派遣村の開村に象徴されるように大変厳しい経済・労働環境の中でスタートしました。

 そのような中、日本再共済連は、組合員の生活の安定と向上を使命としている共済団体のためのセーフティーネット機能の役割を充分に発揮できるよう各種活動に取り組んできました。

 しかしながら、直近の情勢をみると、急激な円高の進行やデフレ傾向などが今後共済団体にどのような影響を与えるのか懸念しているところです。

 本年は、2007年度に計画した「経営政策構想」「事業推進戦略中期構想」の最終年度となることから両構想の完遂にむけた取り組みをすすめ、「再共済センター」としての機能を充実させ、より多くの共済団体の経営安定にむけてその役割を果たしてまいる所存です。

 今後とも皆さまからのご指導、ご支援を賜りますようお願い申しあげ、年頭の挨拶とさせていただきます。

 

笹森 清
 (中央労福協会長)
古賀 伸明
 (連合会長)
岡田 康彦
 (労金協会理事長)
石川 太茂津
 (全労済理事長)
山下 俊史
 (日本生協連会長)
後藤 潔
 (全住連理事長)
高橋 康夫
 (全国会館協会長)
齊藤 正己
 (全勤旅連合会会長)
藪内 義弘
 (全国労信連会長)
角田 修作
 (日本再共済連理事長)
永戸 祐三
 (労協連理事長)
南雲 弘行
 (ワークネット社長)