今、75才以上の人を対象にした「後期高齢者医療制度」に対し、怒りの声、不信、不安の声が全国にわき上がっています。

 75才になるとこの制度により、子供や夫婦の扶養家族から強制的に切り離されてしまいます。

 そして、次の見直しで、導入時の倍以上になるといわれている「介護保険料」と同じように、見直しのたびに値上げされるかもしれない「後期高齢者医療制度」の支払いを、75才を越えた全ての人が、一人で負担させられるのです。

 扶養家族を強制的に切り離された人の税金は高くなり、夫が先に75才になる妻は、無収入でも「国民健康保険料」を一人で負担していくのです。

 財政削減先にありきの「後期高齢者医療制度」は、負担だけを求めるなど、

中身を知れば知るほど欠陥だらけの制度です。 

 

皆の力で「後期高齢者医療制度」の撤廃を実現しましょう!!

 

「後期高齢者医療制度」を撤廃する会

連絡先:中央労福協

住 所:〒101-0052

  東京都千代田区神田小川町3-8 中北ビル5F

電 話:03-3259-1287 Fax:03-3259-1286

ホームページ: http://www.rofuku.net/